MMDAgentでの使用モデルについて


niconicoの生放送で使っているMMDAgentですが、
2015年7月現在のバージョンは1.5です。

ですが、私は1.2を継続使用しています。

これは、使用者たちから「Pキャンセル」と呼ばれる、
物理演算をリセットする機能が、1.3以降から無くなってしまったことによります。

そのおかげで、現在は重力設定できる良いソフトなのに、
月面重力の1.2を継続使用してるという現状。


この重力設定以外にも、面倒なことにMMDモデルがあります。

MMDでは「PMX」が主流ですが、
MMDAgentでは、いまだに「PMD」しか使えない。

毎回変換して、放送に使えるようにしています。

放送に来て頂いている人はわかっていると思いますが、
たまに変換がうまくいかないモデルが存在して、
使いたいのに使えないモデルもあったり。

ですが、何故かこの1週間でやけに修正できるようになりました!
常連さん方は、近日の放送をお楽しみに!
MMDAgentモデルテスト


修正は、PMDEditorで行っているのですが、
いままで、もう何がなんだかという感じでした。

膨大な数のトライアンドエラーのおかげで、紐解けた瞬間は、
「アハ体験」のような脳の覚醒が起こったと信じたいwww