2014年、ケータイ料金の見直しまとめ


MVNOが、ドコモ回線だけでなく、auの回線も2社出来、
「格安スマホ」なんて言葉も定着しつつありますね。

そんな中、niconicoの月額使用料を一緒に払える「OCN」の、
あのマツコ・デラックスさんのCMでお馴染みのモバイルONEを使い始め、
au初のMVNOである、「mineo」も契約しました。

そして、とうとう通常契約のスマホをやめて、
ガラケーに契約を戻してきました。


スマホの時、2年間の月額割引が効いて「月額使用料5,000円」くらいでしたが、
ガラケーに戻した際に、ネットには接続しない、メールは使い放題、
そして、通話料金は特に割引なし、という「プランEシンプル」で、
「1,200円」位になりました。

これに「mineo」の2GBプラン+ウイルスバスターモバイル月額版で「1,350円」位。
月額2,500円位になったので、約半分。
年額おおよそ30,000円の節約になります。

でかいですよねー。

月のデータ使用量が「2GB」に収まっているのであれば、
auなら「mineo」のSIMをスマホに挿し、ガラケーに機種変更。
ドコモであれば、様々なMVNOからお好みの会社を選べばおk。

基本的に電話をしないし、キャリアメールもいらない、
データも1〜2GB位あれば足りるわーという方。
そして、キャリア(携帯電話会社)に未練も無い方ならば、
電話番号ごとナンバーポータビリティーでMVNOへお引越しも良いでしょう。


ガラケーは、あと2年で無くなるということは、
KDDIが発表しています。

ただ、これってガラケーが無くなるのではなく、
「3G」の停波によって、「3Gの端末」が使えなくなる、
ということになるのではないかと思っています。

これだけMVNOが盛り上がってきた中で、
私のように、ガラケーに戻す動きがあるのに、
強制的にスマホだけに出来るものか?

仮にガラケーがなくなったとしても、
その分、料金に反映されるはず。
そのように考えています。

そうでないと、キャリアメールにも見切りをつける人が出てきて、
MVNOへナンバーポータビリティーや、解約で移動するでしょう。

なので、通信費を抑えられる方法がいろいろな角度から出てくるはず。
いまは、MVNOとガラケーの安いプランの2台持ちですが、
もっと他の方法ができる可能性もあります。

引き続き、安く持てる方法を探していたいと思いますb