元気があればなんでも出来る


有名すぎて、笑ってしまう方も多いこの言葉。
今の私には、本当にそうだな、としみじみ思う言葉になりました。

もちろん、こうなる前から言葉の意味は理解しています。
でも、本当に何もできなくなった自分になって、
こうなってしまうんだという実感と恐怖。
そして、当たり前のように動いて来れたことがとても大切なことだということが、
再認識、いや、本当に理解出来なんだと思いました。

「なんでもないようなことが、幸せだったと思う」

かの有名な曲の歌詞も、響き方が違います。
辛いことを経験せずに済めば良いのですが、
なかなかそうも行かないようで。

みなさんも、たまには過去を振り返り、
良い意味でも、悪い意味でも「今がずっと続くわけではない」ということを、
考え、適切な行動にうつすことを勧めたいと思います。

僅かな判断ミスが、大変なことにならないように。。。